読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『キングコング 髑髏島の巨神』

f:id:mapo_tofu:20170331144545j:image

 TOHOシネマズ渋谷で観た。

 

 以下、観る前、どのくらいのテンション感だったかのプチ記録です。観賞前に書きました。

 昨日までそんなに観るつもりなかったけど、ストレス発散になりそうだったから、今日、急に観に行きたくなった。 映画のトレーラーみたら、面白そうだった。

https://youtu.be/EmNlKaDeSBc

この島では、人類は、虫ケラに過ぎない!!

 いいですね〜。怪獣、というか動物が好きだったことを思い出した。

 ジョン・グッドマンも出演してるし、『コヨーテ・アグリー』を観た身空としては、勝手に親しみがある。

 もうちょっと待てば、もっと大きいスクリーンで観られるけど、待ちきれないから、やや小さめのスクリーンで観ます。

─────────────────────

 ※以上の文は、観る前に書いた。これからは、観た直後に書きました。

 殴られた。完全に殴られた。殴られた、としか言いようがない。観終わって、映画館出ようとしたら、フラッフラですよ。最高!!!最高だ!!!完全にナメてた。マジでナメてた。ノックアウトされましたよ。そんじょそこらのジェットコースターなんか乗るより、全然こわい。マジこわい。途中で耐えられずに、ヒャッて声が出そうになった。ギリギリで声を出さずに済んだ。ヤバすぎる。早くも今年のベスト映画決定じゃないですか。『キングコング 髑髏島の巨神』。「ストレス発散、ふんふんふ〜」ぐらいの気持ちで言ったら、ほんとうにビックリした。ヒャッ!!!うわッ!!!これは観た方がいいですよ、と思ったけど、「〜したほうがいい」のような比較的なやわらかさをもった言い方はヌルすぎる。観なくてはいけない。観・ざるを得ない。ほとんど定言命法の世界ですよ。定言命法がなにか知りませんが!『キングコング 髑髏島の巨神』。映画館で観なかった方、つまり超大画面と超大音量で観なかった方、という意味ですが、彼または彼女が、ふと2017年を振り返る。『キングコング 髑髏島の巨神』の公開が終わったあと、ふと2017年を思い出す。そのとき、彼または彼女が何を思うか。思い出す、勿論、『キングコング 髑髏島の巨神』を観なかった年として。永遠に取り返すことのできない、時の経過。悔やんでも悔やみきれない自分の胸の奥に刺さったままの棘として。そんな後悔もやっと忘れた、傷も癒えてきた。長い時間がかかった。普通の日常がやっと送れる。なんの疚しさもない、普通の生活が戻ってきた。と、思うのも束の間、短い昼の夢、思い違いから、叩き起こされることになる。『キングコング 髑髏島の巨神』に纏わるすべてによって。いや、そうではない。『キングコング 髑髏島の巨神』とはなんの関係もないはずのものを含んだ全てによって。あらゆるものが、『キングコング 髑髏島の巨神』の影になる。浮かんで消えるだろう。ある晴れた日に並木道を散歩する。心地よい。はずであった。なにかが引っかかる。いつも、どこにいても、自分はなにか罪を犯しているのではないか。それを周囲に気づかれているのではないか。では、その居た堪れなさ、決して安らぐことのない状態、その理由。「そうだ、この木は、コングが投げ飛ばしてヘリコプターを叩き落とすための木だ!」、「缶詰美味しいなあ。でもなにか違う。そうだ、これはギリギリで助かった兵士が食べるための缶詰だ!」。ただ一つ。『キングコング 髑髏島の巨神』を劇場で観なかったことである。「狭き門より入れ、滅にいたる門は大きく、その路は廣く、之より入る者おほし。」(マタイ福音書第7章第13節)。『キングコング 髑髏島の巨神』を観ないという選択の方が楽であろう。しかし、幸運ではないか。今回は、救いへの路も廣いですぞ。

 はあ、ということでね、キングコング観たわけですけども。ちょっとだけ、この映画について思ったことをメモしておきたい。多少ネタバレしてしまうかもしれないが、たぶんしません。

 サミュエル・L・ジャクソンが、不必要に、というか完全に必要ないにも関わらず、コングを殺そうとするのは、やっぱりヴェトナム戦争が泥沼になっていったことにかかっているんだろう。時代設定はヴェトナム戦争が終わりかかっているあたり。自ら必要もない戦争に突っ込んでいって、自ら悲惨な状態に陥る。 

 コングの目がアップになるシーンとサミュエル・L・ジャクソンの目がアップになるシーンがあるけど、コングの方が全然話が通じそうっていうことかな。

 現地人出ないのかな。現地人が造った壁出ないのかな。いままでのキングコングの映画ではあれが好きなんだけど。と思ってたら、バッチリ出てきました。

 ジン・ティエンが超かわいい。もっと話してほしかった。アジア系の美に気付かされた。違和感が全くない。

 ベトナムのシーンもかなり良かった。アジアのゴチャゴチャした感じが好き。

 ブリー・ラーソンも好き。

 みんな好き。

 怪獣のシリーズの第1作目らしいので、楽しみが増えて嬉しいです。

 

  ところで、全然キングコングと関係ないんですが、欅坂46が好きなんです。それで、そのなかでも「手を繋いで帰ろうか」という曲の

ぽっかりと空いたハート

何で穴埋めする?

というところが、振りも含めて、割と病的に好きなんですけども、私は『キングコング 髑髏島の巨神』で埋めました。