『1973年のピンボール』

1973年のピンボール (講談社文庫)

村上春樹著『1973年のピンボール講談社、2004年。

 

 第83回(1980年上半期)芥川賞候補作。候補当時、村上春樹31歳。

 

 『風の歌を聴け』は夏の話だった。『1973年のピンボール』は夏の終わりからはじまる。鼠三部作の第2弾。なんか完結編は『ダンス・ダンス・ダンス』らしいですね。『羊をめぐる冒険』かと思ってた。『ダンス・ダンス・ダンス』が文庫本で上下巻なの全然知らなかったな。勝手に『風の歌を聴け』とか『1973年のピンボール』ぐらいの薄さだと思いこんでた。『羊をめぐる冒険』が上下なのは知ってたけど。この二作はまだ読んでないので、これから楽しみ。

 夏の終わり......

何も変わる事なく ひと夏が過ぎ去り

言葉通りの お別れだけ

(SUGAR BABE 「夏の終わりに」)

 『1973年のピンボール』って、なんか動物がかわいそうな表現が多いなあ。プチ・エピソードでも比喩でも。ネズミ捕りでネズミが死んだり、電話の配電盤が母犬にたとえられて、母犬が死んだら仔犬も死んで、なんとか、みたいな。こういう感じのが山のように出てくる。なんとなく嫌......べつに人間が死んだりするのは普通の感傷として受けいれられるけど、動物は嫌だな......あと、セックスに関する直接的な言及が多い。これも多少、嫌......『風の歌を聴け』は、そんなでもなかった気がする。でも、『1973年のピンボール』が最高なことにはちがいないんだけどね。

 僕はため息をついた。「死なせたくない」
 「気持ちはわかるわ」と一人が言った。「でもきっと、あなたには荷が重すぎたのよ」

 それはまるで今年の冬は雪が少ないからスキーはあきらめなさい、とでも言う時のような実にあっさりとした言い方だった。僕はあきらめてコーヒーを飲んだ。

 いま自分の人生史上いちばん、初期春樹がいい感じになってる気がしなくもない。『風の歌を聴け』を永遠に読みかえしていたから、それと『1973年のピンボール』しかまだ読んでないんだけど。だから、『羊をめぐる冒険』以降が残ってるのかあ、と思うとかなり楽しみ。いちど読んだ小説を何回も読むのが好きだから、読んだことのない小説を楽しみに思うことはそんなにないんだけど、いまはすごい楽しみ。

 ジェイって、中国に行ったことがないみたいなことを、『風の歌を聴け』で言ってた記憶があったから日本生まれかと思ってたけど、中国生まれなんですね。まあ、前作とのつながりをどう考えるかって問題はあると思いますが。もの心ついてからは行ったことがないってことかな。

 

 短編小説自体があまり得意じゃないから、とりあえず村上春樹の長編小説は出版順に全部読みたい。

  1. 風の歌を聴け
  2. 1973年のピンボール
  3. 羊をめぐる冒険
  4. 世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド
  5. ノルウェイの森
  6. ダンス・ダンス・ダンス
  7. 国境の南、太陽の西
  8. ねじまき鳥クロニクル
  9. スプートニクの恋人
  10. 海辺のカフカ
  11. アフターダーク
  12. 1Q84
  13. 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
  14. 騎士団長殺し

 でも、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』と『騎士団長殺し』はあんまり読みたいと思わないな笑