『飢餓同盟』

飢餓同盟 (新潮文庫)

安部公房著『飢餓同盟』新潮社、2006年。

 

 1954年に大日本雄弁会講談社から出版された当時、安部公房30歳。

 新潮文庫の背表紙を水色に戻してくれ!銀色はなんか嫌だ。安部公房だから銀色でしょ、みたいなのはわかるけど、水色の方が雰囲気でると思うんだけど......あと、裏表紙の作品紹介みたいな文章、『飢餓同盟』に関しては完全にネタバレしているので、あまり読まない方がいいと思います。というか、新潮文庫の紹介文ってネタバレ多くない?

 『飢餓同盟』はなんか全体的に笑わせにきているところが多い。いままでに読んだ、『砂の女』とか『方舟さくら丸』とかも笑えるポイントは結構あったと記憶があるけど、それよりも露骨。

 たとえば、ナチスに脳の機能を開発された男が登場する場面で、

人間メーターだったのだ!

とか、「ひもじい同盟」から「飢餓同盟」に改名したことをアピールして勧誘するところでは、

今朝、ついほんの今しがた、名前が変ったばかりなんですよ。こんどは、飢餓同盟っていうんだけど、どうです、まえよりは、ずっといい感じでしょう?なにか、こう、思想的な重みあって......

 みたいな感じ。「人間メーターだったのだ!」って変なアニメかな?

 よろず屋の源さんが、作品内のどこで初めて言及されたのか見失ってしまった。気になる。

 メインの登場人物の花井太助は、発電所を建てて町の経済基盤を奪取することで、町の支配者たちに復讐してやる!みたいなことをずっと考え続ける。なんか最近読む小説、読む小説、ぜんぶ俺じゃん!って感じになってしまっていて、『飢餓同盟』もそうだった。

 安部公房の小説によくある、こっちからあっちはこう見えていたけど、あっちからこっちをみたらこうだった、みたいな視線の反転みたいなものがすごくおもしろいなあ、と思う。

 

 加藤弘一さんの『飢餓同盟』を含む安部作品に関する評論をたまたま見かけた。小説はこういうふうに読む/読めるんだなあって少し感動しました。「花井はべつにひもじい野郎(よそ者)じゃなくない?」っていう疑問点も解消された。

http://www.horagai.com/www/abe/kiga1.htm

 

 『飢餓同盟』は、ドストエフスキーの『悪霊』を下敷きにしているらしいので、そちらも読んでみたいです。

 

 『飢餓同盟』とまったく関係ないんですけど、生駒里奈さんと山田五郎さんって滑舌似てない?